−生きるうえで大切なことー 365日のメッセージ 私たちにとって最も重要な「生きる意味」や「自分自身の今世の使命」。その答えとなる神聖で素晴らしいメッセージがいつも私のもとに届いています。 メッセンジャーとして、リアルタイムに皆様にお伝えしています。

第331回 自己ヒーリング

h5.jpg


昨日第11期アルケミストヒーリングカレッジが始まりました。

新入生、再受講生、通信生を合わせて、58名の学生が、ヒーラーを目指して、さらなるレベルアップを目指して、素晴らしいヒーリングの世界を学び始めます。

受講生の皆さんが素晴らしいヒーラーとなるよう、スタッフ一同、指導していきたいと思っています。





h2.jpg


【2017年第11期ヒーリングカレッジ第1回目授業講義より】


一つ一つヒーリングをやっていく中で、一番重要な点は、ネガティブなことを行わない、考えないことです。

エネルギーのレベルとは、どれだけ光を発するかということです。



光りを発するとは、より自分自身を高めていくこと。



それを一番邪魔するのは、「自己否定」です。
自分を認められないことが、エネルギーを弱めてしまうのです。



どれだけ、自分を高められるか=どれだけ自分を愛せるか。
その上で、相手を高める(相手を愛する)のです。


ネガティブなものを排除して、もってはいけないというのではありません。それを受け止め、認めたうえで、手放してキレイにし、もともと皆さんがもっているものを、きれいに表せるようにしたいのです。


第一段階は、自己ヒーリングです。自分をどれだけ癒せるかです。
自分をどれだけ高められるかというのが、ヒーラーとしての第一歩です。






 【ペアワーク】


自分の素晴らしいところを3つ、相手に伝えましょう。自分を押し隠すことなく伝えましょう。

そして、それを聞いた相手の人は、心から「素晴らしい!」と認めてください。 



多くの人は、自分の悪いところについては、平然とたくさん言ってしまいます。 
しかし、いざ、自分の素晴らしいところ、良いところを伝えようとすると、考えて、考えて、必死に絞り出すように話してしまいます。 

不思議ですよね。



多くの人は相手のことはたくさん褒めます。しかし、いざ自分になると、まるでカギがかかったようになってしまうのです。それをこれから解放しましょう。

瞬間的に相手の心の琴線に触れる。一番大切なことにふれることができる。それが癒しです。




以前、「私は正直に言ったのに、いつも相手に嫌われてしまいます」という方がいました。



「正直」正しく、直すと書きます。



実は思ったこと、自分の感じたことをそのまま伝えるということは、実は正直でも何でもありません。

正しい状態にする。もとにもどすこと。それは、相手を批判して間違いを正すのはなく、相手の素晴らしさを認めて、その本来の姿にすることです。


私たちの真の姿は、愛であり、神聖なものです。それに気づいて、まずそれを認めて相手に気づかせることから、正直さははじまります。


本当にその言葉は相手のとって大切なのかどうか。相手はそのことによって、喜ぶのか幸せになるのか。


言葉を発する前に一呼吸して、ハートに手を当てて感じてみましょう。


時には、叱るときも必要です。例えばお子さんが悪いことをした場合は当然、叱らなければなりません。その叱り方があるのです。


感情にまかせて、相手を責め続け、「やっぱりあなたは、ダメね。」と言ってしまう。多くの人がこの二重否定を使っています。



相手に対してどうしても言わなければならないことがあるならば、最初に「いかに相手が大切か」を伝えることです。


「あなたが大切なことは変わらない。どうあっても、何があっても愛情はかわらない。ただし、今回のことは違うよね」



はじめに最も伝えるべきこと、すなわち「愛」を伝えて相手を肯定するのです。






h4.jpg




ヒーラーは、言葉、話し方、伝え方が大切です。



私は無理、難しい、ダメ。私なんか......。
多くの方が、否定的な言葉が口癖になっています。 


その言葉を発する度に、毎回毎回その言葉があなたのハートのチャクラに詰まっていくのです。自分で自分に悪い言霊を発し、呪文をかけているようなものです。


そして、気がつくとハートは詰まり、言葉通り、「何をやってもダメ、自分はダメ」という現実が作られるのです。 
自分が発する言葉が、最もあなたのハートの近くで強力に響きます。否定的な言葉を言い続けて、ハートがオープンに、きれいになるはずがありません。


今日はペアワークで向かい合った方の、長年にわたってふりつもったハート詰まりを癒してください。


相手が自分の素晴らしいことを伝えたら、それを聞いた人は、心から喜んで、「あなたはその通りです!本当にあなたは素晴らしいです!」と伝えてください。

「えー?本当かな?」という顔をして聞いてはダメですよ(笑)



これがヒーリングの第一歩、相手を認めることです。
どうあろうとも、相手を受け入れるのがヒーリングの第一歩です。




相手の顔に注目してください。

笑いましょう!口角をあげましょう。

1年間とは言いません、せめて6ヶ月でほうれい線をなくしましょう(笑)


目の大きさ、目じりの高さが実は、相手の方の肩の高さを表しています。顔を見た瞬間に身体のずれを見極めるようになれます。



鼻のゆがみは、背骨のゆがみです。
以前、「私は健康で100歳まで生きる」と言って、自信満々な方がいました。しかし、私は顔を見た瞬間に、腰と背骨がずれていて内臓下垂が起こっていることがわかりました。


顔のずれを直すことは、身体のずれを直すことと同じです。

 

一番のテクニックは相手を幸せにすることです。



相手を笑わせることです。
口角をあがれば、腰が本来の位置に戻ります。


h1.jpg
心から褒められた人間は幸せになるだけではなく、健康になります。
褒められ続けると、実際に顔も若返り、肌も輝き、体つきまで変わってしまいます。




反対に、責められれば責められるほど、心だけではなく、身体も歪んでいきます。
批判された者は、心だけではなく身体も歪み、健康を失うのです。


ヒーラーは、相手を認め、心から称賛し、心も体も幸せにする者です。



あなたの身近な人を、笑わせてください。心から褒めてください。心から相手を受け止め、称賛してください。それが癒しの一歩です。


h3.jpg


アルケミストヒーリングカレッジ
http://www.alchemist-japan.co.jp/school/college.html

第330回 内なる子供の声

365innerchild.jpg


インナーチャイルド・内なる子供。

それはあなたの最も純粋な意識です。


例え大人になっても、あなたの中には「小さな子供」がいます。その子供はとても純粋で、正直で、傷つきやすい、生まれたままの心です。



子供の頃、私たちの胸の中心にあるハートのチャクラは、とてもオープンです。
ハートチャクラは、自分と他者を愛し、許し、認めること、アイデンティティー(ありのままの自分らしさを表現すること)をつかさどるエネルギーセンターです。




赤ちゃんや小さな子供は、天真爛漫にハートを開いて、愛を発し、そしてすべてを受け入れようとしています。
しかし、様々な出来事により、やわらかいハートは傷を受けていきます。


それは、両親の何気ない一言だったかもしれません。
友達や先生の態度だったかもしれません。

相手はそのつもりがなくても、小さな子供のハートは、あまりにもオープンでやわらかいので、カンタンに傷を受けてしまうのです。




傷を受けたハートは次第に固くなり、閉じていきます。再び、傷つくことを恐れ、感情を押し殺したり、我慢したりするうちに、自分を守るために閉じてしまうのです。

 
こうして私たちは、内なる子供の声に耳をふさいで、大人になっていきます。そして、ふたをしてしまった傷は残り続けるのです。




「自分を愛せない」、「自分のことが好きになれない」と悩む人が多くいます。

そして、「自分に自信が持てない」、「人にも自分にも批判的になってしまう」、「ものごとを楽しむことができない」、「自分の目標がわからない」という声も、とても多いものです。


これらはすべて、インナーチャイルド、つまり、自分の純粋な思いと、今の大人になった表面的な自分が上手くいってない状態です。
つまり、自分の純粋な思いを無視し続けた結果、今の表面的な自分とのずれに苦しむのです。



しかし、多くの方がインナーチャイルドと対話することにより、心が癒され、自分らしさを取り戻していきます。



「自分は嫌い」、「愛せない」という思い。

それは、インナーチャイルドの、「もっと私に気づいて!私を愛して!」という声の裏返しです。



多くの方が、私のエネルギー誘導の中で、インナーチャイルドとつながり、感動的な対話をしています。


ある方は、泣きながら訴えてくる小さな自分を抱きしめて癒し、救われました。

ある方は、愛されていたという幼い頃の記憶を取戻し、ずっと許せなかった両親のことを許すことができました。


自分のことが大好きになった方、自分を許し、感情を出せるようになった方、皆それぞれ、自分が最も望んでいることにアクセスし、心の傷や満たされない思いから自由になっていくのです



エネルギー誘導では、時をさかのぼり、3歳の頃のあなたに会いに行きます。
時空を超えた、深い意識の中で、小さな頃のあなたが、今のあなたへ大切なメッセージを伝えてくれます。


そして、小さな頃の心の傷を癒し、純粋な自分の願いや思いを認めた時、本当に求めてきた愛に気づくことができるのです。





誰しも、ハートを開き、自分を愛し、人をありのままに受け入れていた頃があります。

 
世界のすべてが輝き、心の底から喜び、笑えた頃。


 素直に正直に自分の望みを表現できた頃。


そのような、小さな頃の純粋な幸福を取り戻すことができるのです。



あなたの内なる子供、インナーチャイルドは決して弱々しい存在ではありません。

傷つき、悲しみながらも、内なる子供は、あなたが自分の存在に気づいてくれることを待っています。



あなたの内にある純粋な喜びの声を消すことはできません。
インナーチャイルドの声は、ひたすら純粋に、ひたすら健気に、魂の望みを伝え続けてくれるのです。





【自己変革 プレ講座 第1回 インナーチャイルド】
~人間関係が幸せになる!自分を心から愛せるようになる!~
 
≪インナーチャイルド≫とは、あなたが小さかった頃の思いと心を持った純粋な意識です。
インナーチャイルドの気持ちを理解し、大切にすればするほど、あなたの心は平安と幸福に満たされるようになります。
あなたのインナーチャイルドをたくさん愛してあげてください。
 
[日時] 4月30日(日)13:00~16:00
[料金]一般3,000円/会員2,000円
[場所]アルケミストホール
 
▼プレ講座の詳細、お申し込みはこちら
http://www.alchemist-japan.com/
▼自己変革セミナーの資料請求はこちら

https://gt203.secure.ne.jp/~gt203107/contact/

第329回 樹齢2000年・日本最古の桜との対話

365jissouji.jpg


桜の季節も終わろうとしています。ちりゆく姿も美しい桜。
皆さんは、今年はどのようなお花見をしましたか?
 
今日は、今年も感動を与えてくれた桜たちへの感謝をこめて、日本最古の桜「高山神代桜」との対話をご紹介します。



 私は長年、獣医師として診療を行う中で、動物と心で対話するアニマルコミュニケーション能力に目覚めました。



「言語はただ一つ、それはハートという言語」
 

私が敬愛するインドの聖者サティヤ・サイババ様の言葉です。



 ハートの言葉、それは命の共通言語です。



 人も動物も植物も、そこに差別はありません。



ハートを開けば、大自然の山や川、風、太陽や月、星々とさえ対話を行うことができるのです。

(アニマルコミュニケーション過去記事はこちら)






まだ冠雪をまとった南アルプスの見えるお寺、実相寺で、日本最長老の桜、「高山神代桜」は、訪れる人々を静かに迎えてくれます。 



高山神代桜は、エドヒガンザクラで、推定樹齢1,800年~2000年と言われています。


まさに神の時代から、悠久の年月を得て、今も咲き続ける姿は聖者そのものです。




 私が訪れた時は、すでに八分咲きで、二割が散りはじめていました。


2000年の時を超えてなお、みずみずしく、清らかな花。そして、崇高な幹や枝葉は感動的な美しさで、思わず手を合わせたくなります。


そこには、樹木の姿をとっていますが、間違いなく偉大な導師・聖者が存在し、静かに祈りを捧げていたのです。






jindaisakura.jpg




ハートを開き、意識をつなげると、高山神代桜の素晴らしい心が、私に語りかけてきました。



「幾多の年月を経て、私は神と仏を同じように愛し、信じてきました。

 多くの時間の中で、様々な人が私を見て、感動し、喜んでくれました。

 その度に私は、人々に神も仏も一つであり、皆、すべての命を愛していると伝えてきました。


もう少しで私の長きにわたる齢も終わるかもしれませんが、私の思いは決して変わることはありません。


どうぞ、皆さんが信仰をもって、未来に希望をもって、幸せになりますように......」




この桜は、神話の武将ヤマトタケルノミコトが、東征の際に植えたという伝説があり、「高山神代桜」という名前の由来になっています。


そして、13世紀頃、日蓮聖人がこの木が衰えているのを見て、回復を祈り、よみがえったということから、「妙法桜」とも言われています。




「私は神と仏を結ぶ者です」



と神代桜はさらに私に語りかけました。


神が祭られていた、いにしえの時代。そして、仏教が伝来し、神道と融合しながら、人々に浸透していった歴史。


神代桜が見つめ続けてきた、日本の精神性と時の流れが垣間見えます。



神代桜のメッセージと生き様は、信教の自由が認められ、神仏習合、渾然一体となった、日本の精神性を象徴しているかのようです。





jindaisakuraflowers.jpg



「私の花と花の色と香りによって、神と仏へのいつくしみを感じてください。



ここにいらっしゃるすべての方が、心を浄め、さらに幸せになりますよう、心から祈っています」





神も仏も、神聖なものはすべてひとつ。それは愛です。


全生命を使い、神聖な存在への信仰と愛をささげている、高山神代桜。



風に舞うその花は、神と仏への愛の捧げものだと教えてくれました。


花が咲き、散って、一年がめぐり、再び花が咲く。



それは輪廻転生そのものであり、私たちの生命も、宇宙の大樹の中でめぐっているのです。


謙虚に、ひたすら静かに祈る姿に感動し、素晴らしい教えをいただいたことに心からの感謝を伝えました。




地球上にはたくさんの聖者がいます。


それは人だけではありません。


ひとたび、ハートを開きさえすれば、すべての命があなたに神聖な愛を語りかけてきます。


皆さんもぜひ、身近な動物や植物と心をつなげてみてください。

 きっと素晴らしいコミュニケーションができるはずです。



◆アニマルコミュニケーションワークショップ2017
 第1回 5月13日(土)15:00~18:00 「動物の気持ちがわかるパーフェクトメソッド」
 第2回 6月24日(土)15:00~18:00 「動物と一生幸せに暮らす5つの法則」
 第3回 8月26日(土)15:00~18:00 「動物の心と身体を癒すアニマルヒーリング」

【料金】一般:3,000 会員:2,000円
【場所】アルケミストホール
【申込】インターネットお申込み⇒ https://ws.formzu.net/fgen/S29452085/     
お電話からのお申込み⇒ 044-833-4981

 単発受講も可能!
詳細はこちら⇒電子チラシ


 ◆アニマルコミュニケーションカレッジ9月24日(日)開講!

第328回 ヒーリングフェスティバル記念講演会①

IMG_3443.jpg

昨日は、ヒーリングフェスティバルの1日目であり、モデルの方をお招きして、カレッジ学生によるヒーリング、そしてマザーテレサの上映会と特別記念講演会が行われました。

そして、2日目の今日も学生たちのヒーリングが行われ、彼らの熱心なオーラリーディングとヒーリングにより、モデルのみなさんは幸せそうな笑顔を輝かせていました。

「とても幸せでした」、「とても優しい温かい対応エネルギーがうれしかった」、「ヒーリングを受けてよかった!」など、たくさんの感想をいただいています。


学生たちも、お互いに協力してヒーリングとオーラリーディングを成し遂げたことにより、自信に満ちた表情になっていました。学生諸君がさらにレベルアップしたヒーラーとして目覚め、新たなる決意を行うための大きなきっかけになったと思います。


2017年のヒーリングフェスティバルを無事終了できたことに、スタッフ一同、心から喜び感謝しています。


みなさんに感謝の気持ちをこめて、昨日の特別記念会講演でお話しした内容の一部を、このブログでお伝えしたいと思います。




2017年ヒーリングフェスティバル特別記念講演会

「愛と奉仕により素晴らしきヒーラーとなる」より抜粋



○ボランティアから学んだこと


私は、ずいぶん昔にこのマザーテレサの映画「母なることの由来」を見て、衝撃を受けました。



当時、私は25年間クリスチャンとして生活をしていました。
「同じクリスチャンでありながら、私は何をしているのだろう」とショックだったのです。そして、「私には何ができるのか」と考え、ボランティア活動をはじめました。

 さまざまな障がい者の方のところへ行き、お話を聞いたり、洗濯物をたたんだりしました。 教会ですから、クリスマスに讃美歌を歌い、手作りのケーキを作っていったこともありました。少しでも幸せになっていただければ、喜んでいただければという思いだったのです。

 しかし、施設の方は私たちに心から感謝し、恐縮しながらも、こう言いました。



「多くのボランティアの方は、みんなクリスマスの時にいらっしゃるんです。でもね、普段の時にはなかなかいらっしゃらないんですよね...」。



「手作りのケーキはとってもうれしいです。みんなは、普段はケーキは、ほとんど口にできませんから。でも、これを切るのが大変なんです。ちょっとでも大きさが違うと、彼らは、どっちが大きいか小さいかで、互いに争いになるんです」



私は、ショックと恥ずかしさでいっぱいになりました。


施設の方にとっては毎日が苦労の連続です。施設の方は、ボランティアの多くは特別な日にやって来るけれど、その後、継続して来てくれる人は、あまり多くはないのだということも話してくれました。
その度に、施設の方や障がい者の方は、さらにさみしい思いを感じていたことでしょう。


私はその後も、様々なボランティア活度をしながら、素晴らしい体験をしたと共に、考えさせられることや落ちこむこともありました。



私たちは一つ一つ、学ばなければならない。

 
助けを必要とする方が、本当は何を望んでいるのかということを、その方の身になって考えなければならない。


私たちにできることは何なのか。相手の方が望むことは何なのか?

 
それをあたらめて考える必要があるのです。




○一人一人の大切な使命



私たちがヒーリングカレッジを行っているのは、ヒーラーとして多くの方に幸せになってもらいたいという願いからです。
神聖なるエネルギーを通して、人々に健康になってもらいたい、幸せになってもらいたいのです。



"Love All, Serve All"
「すべてを愛しなさい。すべてに仕えなさい」


 
私が心から敬愛するインドの聖者サティア・サイババ様の教えです。


 私はこの教えを信じて、ヒーリングを行っています。
どんなときでもそれをできるようにしたいと、心から願っています。



ヒーリングカレッジでも、常に謙虚であるように伝えています。


ヒーラーが癒すのではない、相手の方が癒す力をもっている。私たちは相手の方がそれに気づくために、少しでもお役に立つ者になる。ヒーラーは黒子である。


カレッジ生はそのような思いで行っています。



1998年、私はインドに向かう飛行機の中で、「お前の使命は過去を解き明かし未来を語り癒す者だ」と光りの存在から伝えられて、人生が180度変わりました。

 
それまで私は、平凡な獣医師でしたが、使命を知ったことにより、2000年にヒーリングセンターアルケミストを立ち上げたのです。



多くの方々が癒しを必要としていました。そして、ヒーラー養成コースから始まり、今年でカレッジは10年目を迎えました。



すべての精神、メソッドは、インドの聖者サイババ様から学んでいます。



私たち一人一人は神の化身、神聖な存在である
という教えです。




マザーテレサも言っています。


「最も美しいものとは、一体どこにあるのでしょうか...。それは、一人一人の人間の中にあるのです」



私たちの中に、大切な美しいものがあります。

 
ハートの中に、神がいる。

 
私はそれを信じて、多くの人にこのヒーリングの世界をお伝えしていきたいのです。


 
私たちはどうしたら自分らしい生き方ができるでしょうか。

 
どうしたら神聖な役割を果たせるのでしょうか。
皆さん一人一人の中に、素晴らしい使命があります。


大きい小さいではありません。私たち一人一人の中に大切な使命があるのです。

第327回 愛情力を高め、変化を遂げる

【第9期アニマルコミュニケーションカレッジ第5回授業より】


あと27日で、2016年が終わります。


あなたが2016年やりたかった事は何ですか?やり遂げた事は何ですか?


あなたが31日に除夜の鐘を聞く時、こうなっていたら良いという事は何ですか?



私は毎日歩きながらエネルギーワークを行い、今日いらっしゃる方に何をお伝えすれば良いか、神聖な存在と対話をします。


今日、はじめにインスピレーションをいただいたのは、猫の保護活動を行っている、ある女性の方についてでした。


彼女は広島県で保護した犬と猫すべてに愛情を持って接し、広島市の殺処分をなくした素晴らしい方です。


彼女は毎日ひたすら、何百頭もの猫たちの世話をしています。


それは大変な苦労であり、まるで戦いのようです。


彼女の夢は、日本から殺処分をゼロにする事です。


そのような方がいるお陰で、尊い命が守られていると思うと頭が下がります。


彼女を皮切りに、私たちの知らないところで、命を守るために活動している様々な方の映像が、次々に浮かび上がります。


世界中で多くの方が、保護活動を行っています。アフリカでは毎日、密猟者から野生動物を守るために、レンジャーたちが命がけで戦っています。

それだけではありません、様々な地域で命を守るために懸命に働いている方がいます。


動物だけではありません。


以前、対談を行ったツリーオブライフのアランさんのように、植林を行って地球環境を守っている方々もいます。




様々な方が命を守るために、勇敢に立ち向かっています。



私のカレッジの卒業生のある方は、今、がんに冒され、それでも立派に戦っています。


何とか年を越そう、来年に向けて、何とか自分の命を生かそうとしていらっしゃいます。



私たちは、たくさんの素晴らしい方々と共に、この地球で生きています。


彼らは様々な困難があっても、決してあきらめないでしょう。


あせらず、あわてず、あきらめず、自分の信念を持ち続ける素晴らしい方々がいます。


私たちもそのような方々にならって、勇敢に、そして、より良き未来を信じて、忍耐強く歩み続ける事ができるはずです。


アニマルコミュニケーターとして、年内は、「トリプルA あせらない・あわてない・あきらめない」の心で過ごしてください。

そして、動物の心を知って命を守る者、心を伝える者として、アニマルコミュニケーター、ヒーラーになるという決意を新たにしてください。




私自身、最初は動物の気持ちは、まったくわかりませんでした。


診察に来る子が、病気で苦しんでいる。


しかし、当時は、どのような薬を出して、検査をして、手術をするかという事しか考えませんでした。


とにかく彼らを助けたかったので、病気が治るためにどうしたら良いか、技術を高め、人間の西洋医学に追いつくという事しか考えられなかったのです。


彼らは飼い主さんへの愛情や感謝、悩み、色々な事を伝えてくれていたはずです。


しかし、病気を治療する事だけで精一杯で、彼らの気持ちを聞こうとしなかった私の心には、その声は届きませんでした。



それでも、私は彼らを助けたかった。


だからあきらめずに、どうしたら良いのか祈り続け、願い続けたのです。


その結果、今の私があります。



今は、毎日、動物の患者さんと話しをしています。


彼らは自分の体調から、飼い主さんをどれだけ愛しているか、感謝しているか、様々な事を話してくれます。


その度に感動し、感謝の思いがあふれます。



今、私は投薬も注射もせず、機械的な検査もしないで、自分の「手と心」だけで、彼らと命の対話をしているのです。


私は正規の獣医療として、アニマルコミュニケーションとヒーリングを行っています。カレッジでは、その一部をお伝えしているのです。


皆さんは、私が現場で行っている、プロの技術を学んでいるのです。



私は皆さんに、本当のプロフェッショナルになってほしいのです。



プロというのは不特定多数の方を治療し、カウンセリングをすることだけではありません。


自分の家族である大切な動物さんや身近な動物さんの心を感じる事、ヒーリングする事もプロとして立派な仕事です。

プロとは、「自分は正しい方法で、最も幸せな方法で行うのだ」という心構えを持つ者です。




よく私に「パワーを下さい!」という人がいます。


しかし、ヒーリングやアニマルコミュニケーションに必要なエネルギーは、「力」ではなく「純粋さ」です。


我々の細胞は身体を形成していますが、実は細胞同士の間には空間があります。


そして、細胞を構成する原子とその周りをまわる電子との間にも空間があります。


純粋なヒーリングエネルギーは微細で、この空間に働きかけることができます。


中国気功の硬気功(こうきこう)は、武術気功であり、強い波動、荒い波動をぶつけるので、相手は衝撃を受け、実際に身体が飛ばされたりします。


対して、やわらかい気功と書く、軟気功(なんきこう)は、医療気功と呼ばれ、優しい波動により、相手を癒します。純粋なエネルギーは、細胞、原子の空間にまで浸透し、癒していくのです。


ヒーリングとは、神聖なエネルギーで、細胞や空間を満たす事です。


「パワーを下さい」というのは勘違いです。


どこまで「純粋になれるか」です。



純粋さとは、自分自身を愛する事です。


許す事です。



愛せないという状態は、荒い波動で、自らを傷つけていることです。


自傷行為は、荒い波動によって自分を苦しめ、痛めつけている状態です。



「幸せの呼吸、喜びの呼吸、愛の呼吸」ができれば、それだけで相手は癒されます。



自らを純粋に愛情するという、意識レベルの高い状態が、最上の癒しです。




動物たちを見てください。


彼らは純粋です。


私たちは彼らを見るだけで、喜びにあふれ、癒されます。


彼らの純粋性、愛情力は計り知れません。だから私たちは、無条件に癒されるのです。



私たちは動物から、素晴らしい愛情をいただいています。


しかし、いただくだけではなく、与える者にならなければなりません。


彼らを愛情で満たす者にならなければなりません。



イルカはとても愛情深いと言われ、イルカセラピーで彼らと触れ合い、多くの人が癒されています。


素晴らしい活動ですが、誰がイルカたちを癒すのでしょうか?


イルカだけではありません、セラピードッグ、セラピーホース、その他様々な愛と癒しをくれる動物たち......。


彼らから愛情をいただくだけではなく、お返しできる人が必要です。


それがアニマルコミュニケーター、アニマルヒーラーなのです。




自分を愛せないことは、力を失っている状態です。

愛する努力が必要です。



自分のことを認められないと思ったとしても、自分を愛する努力をする必要があります。



当然、上手く行かないときもあります。

失敗をしたり、落ち込んだり、自分を愛せないような状況になる事もあります。



しかし、それで終わらないでください。


失敗も、失敗した自分も愛してください。

落ち込んだり、傷ついた自分も愛してください。



そのようなときこそ、あなたの愛情力を高めるチャンスなのです。



どんな状態でも、あきらめずに自分を愛すること、高めることで、私たちは純粋さを取り戻すことができます。


想像してください。



2016年の最後の時、あなたは自分を愛しています。


「自分に対する愛情力が高まった」と、深い喜びとともに言える自分がいます。


そのようになれたら、最高に幸せではありませんか?



2016年12月31日の最後の時、時計は23:59を表示します。


そして、新しい年を迎えた瞬間、2017年1月1日0:00に一斉に変わります。



あなたもそのように、一瞬にしてシフトする事ができます。



古い年、古い自分を手放し、新しい年、新しい自分になる事ができるのです。


どうか、自分への愛情力を高め、素晴らしい変化を遂げてください!

第326回 すべての生命に光りを送る「地球人・ヒーラー」

私たちはまるで、肉体がすべてであるかのように思い込んでいます。


たった一つの、この小さな身体が、私たち自身であると思い込んでいます。


私たちは空気を吸っています。その空気は誰のものですか?あなたは「これは私の空気です」と言いますか?


海に潜る時は、酸素ボンベを背負います。


それは誰の酸素ボンベですか?それは自分のものです。



「小さな自分」という意識。それはまるで、空気であふれている地上で、制限された酸素ボンベを背負い、それに命を託しているようなものです。



「自分と他者」という差別の世界、分離の世界です。



私の国、相手の国、私の土地、相手の土地、私の財産、相手の財産......。その考え方は誤解の固まりです。「自分のもの」という考えに執着しているのです。



私たちは1人では生きていけません。


私たちはすべての存在によって、生かされています。


私たちの身体は地球の五大元素によって作られ、生かされています。あなたの食べるもの、触れるもの、そしてあなたに関わるすべての人、それら一つでも欠けては、あなたは生きていけません。



インドの聖者サティア・サイババ様は言いました。


「人の生命と世界全体は、五大元素のおかげで維持されています。五大元素のどれか一つでも欠けていれば、すべてが無に帰してしまいます。私たちは耳で音を聞きます。目で世界を見ます。このように、私たちは五感を通して世界を体験することができます。五感を機能させているのは神の力です。しかし、人はこの神の原理を忘れてしまい、取るに足りないこの世的なものを追いかけることによって幸福を得ようとします。すべての生物の中で、人として生まれることはもっとも稀まれなことであると言われています。実際、人間は本質的には神なのです」




すべての存在は一つであり、それはあなたを生かしています。それに気づけないことは、さみしいことです。



それがエネルギー不足です。


「自分のもの」という小さな意識にとらわれている限りは、宇宙に平等にあふれている、神聖エネルギーに気づくことはできません。


愛を無尽蔵に与えられているにもかかわらず、それを受け取れない状態なのです。



Fotolia_36377304_S.jpg



私たちヒーラーが、ライトボディーとなって光りを発信することは、地球人として大切なことです。



光りを発信する時、そこに国の違いはありません。


人種の違いもありません。


宗教の違いもありません。


そして、動物、植物、鉱物、海や山、すべてを形作る五大元素......。



すべての生命を守るのが、本来の地球人です。


私たちは地球人です。


地球が光りで満たされるように、すべての生命が幸せになるように願う事が、我々の義務であり権利です。


すべての生命を癒す、スケールの大きなヒーラーになるのです。



自分の身体、自分の人生、自分の生活だけがすべて。
そのような生き方は、さみしいものです。


自分の身体も心も大事です。しかし、あなたのまわりの人、環境、日本という国、世界中も同じように大切です。


ヒーラーとは、意識の拡大ができる者です。


過去・現在・未来の時空の拡大、それができればできるほど、5次元6次元で物事を見る事ができます。

その時はじめて、真に大切なものがわかるのです。



宇宙は、幸せと喜びと愛に満たされています。
偉大なる大自然と一体化する。一つとなりましょう。



大自然に恨みや妬みはありません。なぜならそこに、「自分と他者」という分離はないからです。
大自然はいかなる時でも、すべてが一体です。生命を育むために、守り続け、導き続け、生命を最後まで営めるようになっているのです。


幸せの呼吸、喜びの呼吸、愛の呼吸をしましょう。



呼吸と共にすべての存在と一つになりましょう。


「私とあなた」という比較は消えていきます。



「私たち」は、すべて「私」となります。


「多様性」の中の「一体性」を見るのです。

第325回 飛べなくてもあなたと生きることが幸せ


「たとえ自由に空を飛ぶことができなくても、あなたと一緒に生きたい」


本日の動物診療に来てくれた、ハトの幸太くんの言葉です。



IMG_0836.JPG






幸太君はハヤブサに襲われ、足の神経が麻痺して飛べなくなってしまいました。


幸太くんの飼い主である今(こん)さんは、そのような幸太くんを引き取って、2年半以上にわたって深い愛情で世話をし、一緒に暮らしてきました。



ところが約1ヶ月前、幸太くんは急に具合が悪くなり、羽根がほとんど抜け落ちて、命の危険に陥るほど弱ってしまいました。


飼い主の今さんはエネルギー治療に熱心に通ってくれ、アニマルカウンセリングも受けて、幸太くんの身体と心のケアを全力で行いました。



そして、飼い主さんに自分の気持ちを知ってもらい、身体と心が癒された幸太くんは劇的に持ち直し、今ではすっかり美しい羽根が生えかわりました。



鳥たちにとって飛べないという事は、生命の終わりを意味します。


しかし、例え、自由に空を飛べなくても、大切な飼い主と一緒に暮らすことが一番幸せだとわかった幸太くんは、心も体も新しく生まれ変わったのです。


飼い主さんを愛してやまない幸太くんの愛情深さに、心から感銘を受けました。


IMG_0829.JPG


第324回 幸せでいなさい


Message1

あなたは何者ですか?


あなたは何をするために、生まれてきたのですか?


答えはただ一つ。


あなたが生まれてきた理由は、自らのアートマ(真我)に気づくためです。

自らがアバターであり、この人生において、神の道をさらに進むという体験をするために来たのです。




本日11月23日は、私が敬愛するインドの聖者サティア・サイババ様の生誕91周年御降誕祭です。そして、本日はアルケミスト伊豆高原支部でインドスピリチュアルセミナーが行われました。


サイババ様のご降誕祭によせる、セミナーのお話しの一部をご紹介します。



私たちは人生の中で、素晴らしい幸福、喜び、恵まれていた体験をしています。


しかし、残念な事に、しばしばその体験をまるでなかった事のように忘れ、悲しみや苦しみ、失敗や後悔する出来事の方が強く残ってしまいます。



それは公平ではありません。



幸せな事、とても喜びに満ちた事、自分が誇りに思えた事を思い返しましょう。

そうした時に、皆さんは人生に満ちている祝福に気づく事ができるのです。


皆さんは、神の化身です。あなた方は、神聖なる人生を歩むためにあります。

その自覚を持ちましょう。




Message2


信ずる者は信じられるようになり、敬うものは敬われ、感謝するものは感謝される者になります。


しかし、反面、常に不平や不満を持つ者は、いずれ拒否される者になります。


これが真理です。




自分の発するものが、全て自分に戻って来ます。


誰かから発するものではなく、あなたが発するものの答えが、その通りに戻ってきます。


状況ではなく、いかに我々の意識を純粋にするかです。




私は奇跡を願い続け、そしてババ様からメッセージが書かれた紙を物質化していただきました。


その中に、「いつも幸せでありなさい」という言葉がありました。


私は長い間、その意味が分かりませんでした。苦しくてたまらない辛い状況に陥った時、幸せでいる事など無理だと思っていました。しかし、祈り続けて、その意味がわかってきたのです。



幸せというものは、状況や条件ではありません。


あなたの中にある、最も大切なものを身につけたとき、人はどのような状況でもいつでも幸せになれます。


それは、自らがどれほど祝福されているかを知る事です。


自らのもつ神聖さ、内なる神に気づく事です。


自分がどれほど恵まれ、神から愛され、導かれていることに気づいたら、人は不幸にはなり得ないのです。



その後、「ババ様」と呼びかける度に、私の裡にババ様からのメッセージが聞こえるようになりました。


今まで望んできた事は、全て叶っています。



神の時と人の時は違います。しかし、全ては叶えられるのです。



自ら発するものが、全ての答えとなります。



誕生日という特別な一日が幸せでありますように、ではなく、私たちの人生全てが、ハッピーバースデーです。



幸せでいましょう。いつも幸せでいましょう。

第323回 宇宙と共鳴したコミュニケーション

アニマルコミュニケーションもヒーリングも、全てはエネルギー力です。


自然の力を取り入れて、自然と一体化する。宇宙と一体化する。
それが一番根本的なバイブレーションです。


20111120.jpg


私たちはこの大地が、動かずに止まっているかのように感じています。

しかし、実際は大地、地球は動いています。

それは、ちょっとやそっとのスピードではありません。

猛烈なスピードで回転しています。



地球の赤道付近の自転速度は時速1,674kmです。新幹線が時速約200kmとすれば、その8倍以上になります。そして地球が太陽のまわりを回る公転速度は、およそ10万km、秒速28kmです。


我々は一秒たりとも休むことなく動き続ける、高速回転エネルギーの中にいるのです。


スピリチュアルは完全なるバランスです。


完全なるバランスに基づいて、永遠に継続できる力です。


地球や宇宙の星々は、一切ぶれずに軌道を確保しています。そのエネルギーは大変なものです。


そのエネルギーと完全に一体化するのです。



どこまで地球のバイブレーションと共鳴できるかです。



そうすれば、動物の心とあなたの心が共鳴します。


花と共鳴する。樹と共鳴する。


大自然の海と山と空と、全てのものと共鳴するのです。


それがインナーコミュニケーションです。


ハートとハートの共鳴により、全ての生命とコミュニケーションがとれるのです。



エネルギーが高まると、猛烈な勢いで、原子と原子が回転している事が見えてきます。

原子は地球と同じスピードで回転しているのです。



休む事無く動き続けている私たちの心臓。その鼓動も宇宙と完全に共鳴する事ができます。それができた時、私たちはもっと健康になります。



私たちは脳細胞、神経細胞の数%しか使えていません。ほとんどを使えない状態で人生を終えてしまいます。


持っている才能をいつ使うかです。


使わない限りは失われてしまいます。


「Divine spark・神聖な火花」を、いつ炎に変えるかです。


そのスイッチが「宇宙との共鳴」です。



私は48歳の時、インドに向かう飛行機の中で、自らの使命を伝えられました。突然、光が私の頭上を照らし、高次の存在から、「お前の使命は過去を解き明かし未来を語り癒す者である」と伝えられたのです。



私の記憶は開かれ、人としての転生だけではなく、動物として生きてきた生まれ変わりの記憶がすべて甦りました。人も動物も同じ一つの生命であり、すべての命が大いなる光に向かっていることを、自分の記憶と体験として思い出したのです。その瞬間、人の過去世の姿が、何世代にもわたって、その方の後ろに延々と続いて見えるようになったのです。


自分自身がまったく思ってもいなかった才能がスパークした瞬間でした。



あなた方も素晴らしい才能を持っています。


その開け方を知らないだけです。


あなたは、信じられないような才能を持っています。


今のあなたは、たかだか数%しか発揮されていない自分です。



残りの才能を知らないまま、人生を終えますか?



チャクラを活性化させるのです。脳神経細胞をスパークさせるのです。



その時、宇宙のバイブレーションと一つになれるのです。


宇宙は平等です。



全てのものに対して平等です。それがスピリチュアルです。

第322回 宇宙と一つになる


インドの聖地で様々な気づきをいただき、そして、日本に帰ってきてからも、色々な事に気づかされています。本日は第10期ヒーリングカレッジ第11回目の授業でした。講義の一部をシェアさせていただきます。



年齢、性別、環境、すべて関係ありません。ヒーラーとしての能力は、エネルギー力にかかっています。



宇宙の神聖なエネルギーをどれだけ取り入れられるかなのです。



インドで感じたのは、宇宙のバイブレーションでした。完全に宇宙のバイブレーションと共鳴できた時、大変な力を得る事ができるのです。




Fotolia_13270723_M.jpg




太陽の波動、月の波動......。1週間は惑星の象徴です。太陽、月、火星、水星、木星、金星、土星。私たちは知らず知らずのうちに、それぞれの星からエネルギーとバイブレーションを受け取っています。


星々、宇宙は回転をしています。しかし、私たちは普通に生活している状態ではそれに気づいていません。


しかし、意識的に、惑星との共鳴現象、宇宙との波動、バイブレーションを感じるように高めていきたいのです。



本日のヒーリングカレッジでは、地球、太陽、宇宙と共鳴するヒーリングを行いました。その一部をご紹介します。




グランディングをし、大地に根ざし、地球と一体となります。


相手の方に優しく手を触れ、手のぬくもり、振動バイブレーションが伝わるのを感じます。



あなたは地球と一つであり、太陽のまわりを高速で回転し続けています。太陽の光りが、地球全体を満たしています。同じように、あなたの身体全体60兆の細胞全てが、太陽と一体になり全身に光りを感じます。



そしてあなたは太陽と一つになります。太陽のエネルギーのバイブレーションがあなたの心臓の鼓動と一体化します。


あなたの意識は宇宙と一つになっていきます。全ての惑星が、光りを受けると同じように、全身に光りを感じながら光りを発します......。



あなたは肉体の小さなあなたではありません。あなたは、地球と一つ、太陽と一つ、宇宙と一つ。


そして、宇宙のバイブレーションが、あなたと目の前の方と一体となります。宇宙の喜び、幸せのバイブレーションと一つになります......。





我を忘れる。我をなくす。



小さな小さな肉体の存在が、すべてであると思う事が「我(が)」です。

エゴです。


「我を無くす」というのは拡大した状態で、本来のもとの状態を取り戻すことです。それが宇宙と一体となる事です。



私たちは目の前の小さな物事にとらわれ、朝起きて、太陽が昇る事さえ忘れています。そして、歩く時、温かく愛情にあふれる地球の大地に支えられている事も忘れています。


息をすることもほとんど無意識であり、空気の中にあふれる神聖な息吹から命を与えられている事にも気づいていません。呼吸困難になってはじめて呼吸の大切に気づくのです。



とるに足りないもの固執している事が、生命を傷つけます。


最も本来の姿にもどす。


「我々は宇宙の一部である」という意識を戻せたら、我々は健康を常に所有できるのです。



スピリチュアルはバランスです。バランスとは継続です。継続ができてこそ、最もバランスのとれた健康を取り戻す事ができるのです。



バイブレーション、呼吸を常に、太陽と地球と、宇宙と一体化させましょう。



宇宙は常に、幸せと喜びと愛に満ちあふれています。


最高のグル・教師である「宇宙」と一つになりましょう。




ヒーリングワークショップ 第1回「身体が伝える癒しのメッセージ」

☆詳細はこちらから
http://www.alchemist-japan.com/

☆お申し込みはこちらから
https://ws.formzu.net/fgen/S17626480/

<内容>
・ヒーリングとは?(ヒーリングの原則、症例紹介)
・この不調はどんなサイン?心のSOS
・誰でもできる「ハンドセリフヒーリング」
・高江洲先生による癒しの誘導

ワークショップ終了後、ヒーリングカレッジの無料個別相談会を行います。
時間:18:15~19:15
参加費:無料

↓↓今後のワークショップについて↓↓

 第2回<心>「インナーチャイルドの癒し」
 2017年1月21日(土)15:00~18:00

 第3回<エネルギー>「輝くオーラとチャクラを手に入れる」
 2017年3月18日(土)15:00~18:00

体・心・エネルギーは密接に繋がっており、この3つのバランスを整えることで、真の健康を手に入れることができます。
この3つのテーマを各回ごとに掘り下げていき、それぞれがどのように影響を及ぼし合っているのかを探りながら、あなたが本来持っている力を取り戻し、総合的に高めていきます。
※気になる回のみの参加も大歓迎です!

最新メッセージ

テーマ

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 22
23 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

キーワード検索